形成外科クリニックの仕事内容とは?

美容クリニックで働きたい看護師必見!形成外科の仕事内容とは?

形成外科の仕事内容ってどんなの?

 

美容クリニックで働きたいという看護師は非常に多いですが、
最近では、美容形成外科という名称のクリニックも増えてきました。

 

 

形成外科クリニックで働く看護師

 

 

まだまだ私達に馴染みがない形成外科ですが、
実際には美容外科の仕事内容とそこまで違いはありません。

 

もしあなたが美容外科で働きたいと思っているのであれば、
形成外科クリニックも視野に入れてみてもいかもしれません。

 

 

 

形成外科の主な仕事内容

 

形成外科とは皮膚の外科なので、基本的には保険がきく手術をすることが多い科です。
もちろん、美容外科クリニックのように保険の効かない自費の手術もします。

 

 

形成外科クリニックであれば、保険のきく手術としては、
ホクロ取りや良性の腫瘍などが主な手術になります。

 

 

形成外科で使用するオペ器具

 

 

皮膚生検などもして、その腫瘍が良性か悪性かを調べるための手術もよく行われます。
母斑(アザ)に対しての保険適用のレーザー治療もしています。
看護師はオペの介助がメインの仕事になりますし、
もちろん患者さんへのフォローもきちんとしなくてはなりません。

 

 

必ず抜糸に来院されるので、それまでの自宅での過ごし方や、
必要であればガーゼ交換のやり方を、丁寧に教えてあげることも大切な仕事内容です。

 

 

出来るだけ患者さんの不安を取り除いて、患者さんの気持ちに寄り添ってあげることが、
何よりも大切な仕事であることは間違いありません(^^)

 

 

 

その他にもこんな仕事内容があります

 

形成外科はオペの介助が主な仕事になりますが、
最近は美容クリニックと変わりない自費の治療や手術も行っています。

 

 

美容マシンやレーザーを使ったしみ・たるみの治療や脱毛などです。
最近では、美肌になるための点滴やダイエットの点滴、ヒアルロン酸注入、
ボトックスの注射などもしているクリニックが増えています。

 

 

美容外科のボトックスの注射

 

 

脱毛や点滴は看護師が行ないますが、美容マシンやレーザーを使ったしみ・たるみの治療は
ドクターがすることが多いので、その介助が自費手術の際の主な仕事になります。
特にヒアルロン酸注入、ボトックスの注射はドクターがしますので、
看護師はその介助もしなくてはなりません。

 

 

一見やることが多い様に感じますが、実際にはとてもやりがいがあります。
では次に、形成外科で働く看護師のメリットとデメリットも見ていきましょう。

 

 

 

形成外科クリニックで働くメリット

 

看護師のスキルが落ちにくい
クレームの対応が少ない
売り上げノルマがないケースが多い
採用のハードルが低い

 

 

形成外科クリニックは保険が効かない自費の手術や処置もありますが、
美容外科に比べると保険が効く手術や処置を行うことが多いです。
ほとんどの患者さんが、皮膚科からの紹介状を持って
保険が効く手術を希望して来院することが多いです。

 

 

保険が効く手術や処置を行うということは、
病院で行われていることと同等のスキルが必要とされますので、
こでまで病院で培ってきた看護師のスキルがそのまま生かせるため、
ブランクとしてはみなされないケースが多いのです。

 

 

また保険が効く手術や処置が多いため、それほどクレームも多くはありません。
売り上げノルマも、形成外科クリニックでは保険が効く手術や処置が多いので、
看護師一人に対する売り上げノルマをもともと設定していないところも多いです。

 

 

形成外科クリニックでは、保険が効く手術や処置と、
保険が効かない自費の手術や処置の両方を行っているため、
売り上げノルマに対してはあまり神経質にならなくてもいいのです。

 

 

また、採用のハードルも美容外科よりは低くなる傾向にあります。
理由としては、形成外科では保険が効く手術や処置が多いこともあり、
現在持っている看護師のスキルを即戦力として使いたいと思うクリニックが多いためです。

 

 

 

形成外科クリニックで働くデメリット

 

美容クリニックより給料が低い
休みの数がそれほど多くない
駅の近くとは限らない

 

 

形成外科クリニックは、保険が効く手術や処置を行うことが多いため、
保険が効かない手術や処置のすべてを自費で行う美容クリニックよりも
どうしても給料が低くなってしまいます。

 

 

形成外科クリニックの中には保険が効く手術や処置と
保険が効かない手術や処置を半々で経営しているクリニックもあります。

 

 

形成外科クリニックの施術室

 

 

また全ての手術や処置を保険が効かない自費のみで経営しているクリニックもあります。
そのクリニックの経営方針の関係で、美容クリニックよりも給料が低い…
という場合も考えられるので、就職する前に必ずチェックしておきたいところです。

 

 

また気になる休みの数なのですが、
形成外科クリニックの中でも保険が効く手術や処置を多く行っているクリニックは、
皮膚科からの紹介状を持って来院する患者さんが多くなりがちになるため、
診療日数や残業がやや多めのクリニックも中にはあると思います(^^;)

 

 

ほとんどのクリニックは完全予約制になっていますが、
皮膚科からの紹介状を持って来院する患者さんが多かったり、
やけどなどの突発的な処置に予約なしで診療や処置をすることもあります。

 

 

どうしても休みの数が多いクリニックで働きたい場合は、
完全予約制のみのクリニックで働くことも視野に入れておくと、
休日数が多くプライベートと両立がしやすくなるかと思います。

 

 

また形成外科クリニックは、どうしても大手のクリニックが少ないので、
駅の近くが多いとは限らないかと思われます。

 

 

クリニックの中ではもともと両親のどちらかが医師で、
そこに新たに形成外科クリニックとして開業する医師も少なくありません。
そのため、どうしても駅の近くがいいと希望する場合は、
しっかりとクリニックの立地条件も調べておきましょう。

 

 

美容クリニックに転職を考えている人にはこちらの記事もオススメです