美意識が低かった自分へのクレーム

美意識が低かった自分自身へのクレームで反省・・・!

美意識が低いとクレームになってしまう…!

 

美容外科で働く看護師は、
「どうしてこんなにみんな綺麗なんだろう?」
と感じることも多いのではないでしょうか?

 

 

 

 

実際に私自身、美容への興味はあったものの、
美容外科に入ったばかりの時は周りの美意識の高さに、
ただただ驚愕することが多かったように思います。

 

 

そんな私は、美容外科に勤め始めたばかりの頃、
自分の美意識の低さにクレームを出してしまtました。

 

 

そんな当時の経験談をまとめてみました。

 

 

 

私は病棟を3年間経験した後に、美容外科に転職をしました。
初日に、出勤をした時に一番驚いたことが「みんな綺麗…」ということでした。

 

髪の毛、メイク、ネイル…全てがきちんと整えられていて、
でも清潔感もあって、本当にみんな綺麗な人が多かったのです。

 

正直、病院勤務だった時はスッピンで出勤している先輩がいたり、
私自身もどうしても時間がない時はスッピンで行くこともありましたが、
そんなことは絶対に出来ない職場だな…と感じました。

 

ただ、先輩たちに比べると私自身本当に恥ずかしくなるくらい、
美意識が低かったんだなと反省させられました。

 

美容外科クリニックに転職をして2週間くらい経った頃に、
患者さんからクレームを受けてしまったのです。

 

「あなたみたいな人が働いているクリニックでは受診をしたくありません」
という内容でした。

 

始めは「え?なんで?」という感じだったのですが、
代わりに先輩がその患者さんの対応をしてくれたのですが、
私の顔にニキビが出来ていたのが原因だったそうです。

 

「初めはそんなことくらいで…」という気持ちもあったのですが、
先輩からも美容外科では患者さんは看護師のことをよく見ているから、
小さなことでも気をつけていかないといけないという話を聞いて、
すごく反省するキッカケになりました。

 

患者さんにとっては美容外科で働く看護師の肌が荒れていると不安になります。
確かに私も逆の立場だったら不安になと思います。

 

それをキッカケに、どんな小さなことでも美意識を高めていこうと誓いました。
そんな日々の繰り返しで、先輩たちも綺麗になっていったのかな?
なんて思ったりもします。

 

 

美容クリニックへ転職を考えている人にはこちらの記事もオススメです