どんどん高まる患者さんからの要望

どんどん要望が高まる患者さんからの注文が大変・・・!

高すぎる患者さんからの要望

 

美容外科の看護師として働いていると、
患者さんから「それはちょっとやり過ぎなのでは…?」
という要望をもらうことも多々あります。

 

 

 

 

それを断ると、クレームにもつながってしまうため、
高い要望を言ってくる患者さんには神経をすり減らすことになります。

 

そんな高過ぎる要望を言ってくる患者さんの体験談です。

 

 

美容関連の外科に勤めていると、やはり色々な人に出会います。

 

美容外科に来院する患者さんは「今以上に綺麗になりたい!」という人ばかりですが、
その中でもどうしても困るのは、なんといっても「もっと◯◯になりませんか?」と、
高過ぎる要望を言ってくる患者さんの存在です。

 

初めての患者さんの場合であれば、施術する内容に関しても、
「変わりすぎても良くないから、初めは控えめに…」という方がほとんどですが、
慣れている患者さんになると「もっとこうしたい!」という要望が非常に高くなってきます。

 

以前、唇にヒアルロン酸を注入しに来た方がいらっしゃったのですが、
施術後に「もっと海外セレブの唇みたいにぽってりさせたい」とのことでした。

 

ただ、もうすでに購入した量は注入済みということもあり別途費用が発生します。
さらには、私から見ればすでに唇はぽってりしていて、これ以上やるとさすがに…
という状態だったので、返答にも非常に困ってしまいました…。

 

なので「決まった購入量等もあるので、もうこれ以上は施術は出来ない」という旨を
伝えると、効果がなかったというクレームになってしまいお金を払わない…とのこと。

 

最終的には医師からも説明をしてもらって、
なんとか別途施術はしない方向で収まったのですが、
患者さんは納得されていない様子で帰っていきました。

 

美容外科の整形を繰り返すと、どうしても麻痺来てしまう患者さんは多く、
私達から見てみると「これ以上はもうやらない方がいいのでは?」と思うこともありますが、
そのまま伝えてしまうとクレームになってしまうこともあり、大変です。。

 

 

美容クリニックへ転職を考えている人にはこちらの記事もオススメです