美容外科と美容皮膚科の違いについて

看護師なら知っておきたい!美容外科と美容皮膚科の違いについて・・・

美容外科と美容皮膚科の違いについて

 

「美容クリニックで働きたい…!」という人は多くいますが、
実は美容外科と美容皮膚科によって仕事内容は全く異なってきます。

 

 

美容外科と美容皮膚科の違いを教えてくれる看護師

 

 

美容外科と言えば聞き慣れている人も多いかもしれませんが、
美容皮膚科に関しては、あまり聞き慣れないという人もいるかもしれません。

 

では実際に、看護師の仕事内容はどのように違うのでしょうか?

 

 

 

美容外科と美容皮膚科の仕事内容

 

美容外科と美容皮膚科の違いについてですが一番の違いは、
「メスを使うかどうか」というところが大きなポイントになってきます。

 

 

美容外科の手術と使用するオペ器具

 

 

二重まぶたの手術や豊胸手術などの外科的処置を行うのが美容外科であり、
レーザー機器を用いた脱毛や、美肌にするための処置が美容皮膚科になります。

 

 

以前までは、顔や体の一部にメスを入れることで形を整えていた美容医療も、
技術の進歩により様々な施術方法が生み出されていってます。

 

 

美容皮膚科ではニキビや毛穴の黒ずみ、しわなど肌に関する悩みに対する、
トラブル治療をはじめ、脱毛やAGA(薄毛治療)も行うクリニックも増えています。

 

 

基本的には、美容外科か美容皮膚科のどちらかに特化している場合が多いですが、
大手の美容クリニックであれば美容外科も美容皮膚科も併せ持つところもあります。

 

 

 

看護師の仕事内容の違いについて

 

美容外科と美容皮膚科では施術内容だけでなく、看護師の仕事内容も異なります。

 

 

美容外科の場合はメスを使うという点からも、オペの介助がメインです。
また美容皮膚科の場合、ビタミン点滴やプラセンタ注射、脱毛をやっていきます。
美容皮膚科は美容外科と違い、効果を出すために患者さんは何度か通院するため、
定期的な患者さんへのフォローや丁寧な接遇も求められます。

 

 

ただ、美容外科も美容皮膚科もドクターと患者さんの間に立つ立場として、
患者さんの不安や悩みを聞き出してドクターに伝えるという部分は変わりません。

 

 

 

美容外科と美容皮膚科どっちがいい?

 

特に大手美容クリニックの場合、美容外科も美容皮膚科も持っているケースもあり、
転職を考えている看護師は面接の時に「どちらが興味ありますか?」
と聞かれることもあるため、あなた自身の中で事前に考えておきましょう。

 

 

どちらの仕事内容もそれぞれやりがいはあります。
ただ、どうしても自分にはどっちが向いているか(やりたいか)
分からないという場合は、客観的なアドバイスをもらいましょう。

 

 

そのためにも看護師転職サイトに相談することをおすすめします!

 

 

転職の相談に乗ってくれる看護師転職サイトのコンサルタント

 

 

転職サイトであれば、それぞれのクリニックの特徴について教えてくれるので、
実際に働きはじめた時のイメージもつきやすくなると思います。
またオペ経験がある看護師であれば美容外科の方が馴染みやすい、
ということもあるので客観的なアドバイスももらえます。

 

 

あなたに合った転職先を見つけるためにも、
ぜひ看護師転職サイトに相談をしてみましょう。

 

 

看護師転職サイトで美容クリニックの求人を探してみる