美容外科で働くと病棟には戻れない?

美容外科の看護師として働くと病棟には戻れなくなってしまう?!

美容外科で働くと病棟には戻れなくなってしまう?!

 

美容外科で働く看護師が抱く悩みをまとめています。

 

今回は、美容外科で働く看護師の体験談から
あがってきた悩みの声について取り上げてみます。

 

 

 

 

今回の悩みは「美容外科に転職すると、もう病棟には戻れない?」
ということを感じてしまった、実際に美容外科で働くSさんの体験談です。

 

 

美容外科で働く看護師の多くは、元々病棟で頑張っていたという人が非常に多いです。

 

しかし病棟の看護師は、年齢差が広い分イジメもよく見かけますし、
夜勤が忙しかったりと激務で辞めて転職してしまう方がいるのです。

 

そんな中、数年経ってからまた病棟で働きたいと考える方もいます。
そんな時、実は美容外科で働いていた期間というのは、
ブランクとしてみなされてしまうことが非常に多いとよく聞きます。

 

というのも、病棟での業務内容と美容外科での業務内容は全く異なるからです。

 

実際、私も美容外科の看護師を3年間ほど経験した後に、
引越しの都合で一度病棟に戻りましたが、
基本的な技術がかなり衰えてしまっていました。

 

美容外科では使わない技術なので当然ではありますが、
「看護師の仕事には変わりはナイはず…」と思っていたのでショックを受けてしまいました。

 

実際、病棟での求人では臨床経験をチェックされますが、
美容外科で働いていた期間は臨床経験には数えていない病院が多いのです。
特殊な仕事で専門性が高いので、仕方ないという面もありますね。

 

また、美容外科で働く看護師というのは少数派です。

 

そのため「お高く止まっている」「変わり者」なんて最初から判断されてしまうこともありますので、
長く美容外科で働けば働くほど一般病棟に戻りにくくなるというのは事実です。

 

やはり一般の病棟で働いている看護師さんからは異端に見えてしまうので、
人間関係がうまくいかなかったというのもよく聞く話です…。

 

私自身、今はまた美容外科で働いていて今の状態にとても満足していますが、
また病棟に戻るとなるとかなり難しいかと思います。

 

美容外科に戻ってきてからもう何年も経っていますので技術のタイプも違いますし、
何より一度業務に慣れると美容外科は本当に居心地が良いんです。

 

美容外科で働く看護師は、病棟で合わなかった人が多いですし、
夜勤も無いのでファッションだったり色々なことを楽しもうとしている人が多く、
話が合うので人間関係も良いなと感じています。

 

 

実際に、現在も美容外科で働くSさんの体験談ですが、いかがでしょうか?
Sさんのように「病棟にはもう戻れないかも?」
という不安を抱えている看護師は非常に多いです。

 

 

実際に私自身も、今は美容外科を辞めて美容部員として看護師の仕事は離れていますが、
確かに病棟に戻る自身がなかった…というのも大きな理由の一つではあります。

 

 

ただSさんのように、美容外科でずっと働きたいと思えるくらいに、
美容外科に合っている人であれば、心配も必要ないかもしれませんが…。

 

 

もしゆくゆくは病棟に…と考えている人に、少しでも参考になればと思います。

 

 

美容クリニックへ転職を考えている人にはこちらの記事もオススメです