美容外科で働く看護師のメリットとデメリット

美容外科で働く看護師のメリットとデメリットについて!

美容クリニックのメリット・デメリット

 

私自身、美容クリニックで3年間働いてみて、
実際に感じたことはたくさんあります。

 

 

もちろん憧れの美容クリニックで働けたことでやりがいもありましたが
「思ってたイメージと違う…」と感じてしまったことも少なくありません。
(⇒多くの人が感じる美容クリニックのギャップとは?)

 

 

 

 

そんな、実際に働いてみて感じた「美容クリニックで働くメリット・デメリット」について、
私自身の見解も含めて、まとめてみたので是非参考にしてみてください。

 

 

美容クリニックで働くメリットとは?!

 

日勤のみでも給料が高い
プライベートと両立しやすい
体力的に病院よりも楽
残業がほとんどない
お客様がキレイになるサポートが出来る

 

 

美容クリニックで働くメリットとしてあげる人が多いのが、日勤のみで高給料という点です。

 

 

実際に、美容クリニックの看護師の給料は、
一般のクリニックや介護施設に比べても給料が高いです。
中には病院で夜勤をしている看護師よりも高いケースもあります(!)

 

 

インセンティブが出るクリニックで働くと、インセンティブだけで月10〜20万円出ることもあり、
「日勤のみでもしっかりと稼ぎたい」という人にはおすすめです。

 

 

また休みの数が多く有給消化率も高い美容クリニックが多いため、
プライベートとの両立もしやすいですし、体力的にも非常に楽です。
私は以前働いていた病院の勤務シフトが過酷過ぎて、
このままだと体調を崩してしまうのでは?と心配していましたが、
美容クリニックで働き始めてからは身体もかなり楽になりました。

 

 

また美容クリニックを希望する人は美容に興味がある人も多いため、
患者さんがどんどんキレイになっていくサポートを出来ることは、
最もやりがいに感じるのではないでしょうか?

 

 

 

美容クリニックで働くデメリットとは?!

 

売上げノルマがあるクリニックもある
人間関係が悪いクリニックも多い
看護師のスキルが落ちる
求人が見つかりにくい
採用のハードルが高い

 

 

美容外科では働く看護師はメリットも大きい反面、デメリットも様々あげられます。

 

 

実際に美容外科で働く看護師は売上ノルマがあるクリニックもあり、
なかなか達成出来ない時には先輩から詰められることもあります。
また患者さんの希望している以上の手術を進めないといけない時もあり、
看護師としての葛藤を抱えることもあるのではないでしょうか?

 

 

また美容外科で働く上での一番のデメリットが、採用ハードルの問題です。
看護師にとってみれば、日勤だけでも月給30〜50万円と稼ぐことが出来るので、
美容クリニックで働きたい人は非常に多いです。

 

 

しかし病院とは違って、面接を受ければ受かるような世界ではありません。
しっかりと面接対策をしなければ、あっさりと不合格となってしまいます。

 

 

 

美容クリニックにハードルを超えるために

 

美容クリニックは病院とは違い看護師の人手不足ということはありません。
どちらかといえば、美容クリニックで働きたい看護師は多いけど、
募集を出しているクリニックの方が少ない状況です。

 

 

そのためクリニックとしては、なるべく良い看護師を採用したいため、
面接での採用ハードルはどうしても高くなってしまいます。

 

 

そんなハードルの高い美容クリニックの面接を突かするために、
個人的には看護師転職サイトに相談することをおすすめします。

 

 

面接対策をしてくれる看護師転職サイトのコンサルタント

 

 

転職サイトでは、転職のプロであるコンサルタントが担当としてついてくれて、
履歴書の書き方から面接でのマナー、志望動機の書き方など、
お金を払ってでも受けておきたいくらいの面接対策をしてもらえます。

 

 

看護師転職サイトは人材紹介としてのビジネスで成り立っているため、
看護師は完全無料で転職のサポートを受けることが出来ます。

 

 

もしあなたが美容クリニックでどうしても働きたい場合、
ハードルの高い面接を通過するためにも、
ぜひ転職サイトに相談をしてみましょう。

 

 

看護師転職サイトで美容クリニックの求人を探してみる