美容外科で働く看護師のクレーム対応について

美容外科で働く看護師を悩ませるクレーム対応について・・・

美容クリニックでよくあるクレーム対応

 

美容クリニックでは、病院で働く看護師に比べると
日々の業務の中で「クレーム対応」が非常に多いです。

 

 

クレーム対応に悩む美容外科クリニックの看護師

 

 

理由としては、美容クリニックでは診療報酬ではなく、
自由診療で施術内容の価格を決めていることもあって、
患者さんは高額な診療費用を支払っているためです。

 

 

高額なサービスを提供している分、求められるサービスの質も高くなります。
また患者さんとしてもコンプレックスを治したい
という気持ちがあるので、かなりナイーブな対応が必要です。

 

 

 

クレーム対応の内容について

 

美容皮膚科で脱毛の照射漏れ
美容皮膚科で施術後の肌が荒れ
仕上がりが思っていたイメージと違う
カウンセリングの看護師の対応が悪い

 

美容クリニックでは、美容皮膚科と美容外科によって、
看護師の業務内容も違ってくるのですが、
それぞれクレーム内容も変わってきます。

 

 

美容皮膚科でよくあるクレーム内容としては、
脱毛の照射漏れと、施術後の肌荒れです。
患者さんとしては、肌をキレイにするために通っているのに、
結果が出なければクレームになってしまうのも無理はありません。

 

 

また美容外科ではメスを入れてしまうことから、
取り返しがつかないケースもあるため訴訟になってしまうこともあります。

 

 

だからこそ、美容クリニックで働く看護師は神経を張り巡らせて、
オペ介助や患者さんの診療補助をしなければいけません。

 

 

 

美容クリニックではストレス耐性が必要

 

美容クリニックでは、上記のようなクレーム対応が、
頻繁に起こるクリニックも多いため、ストレス耐性が重要です。

 

 

実際に美容クリニックに採用される条件にも入っており、
ストレス耐性が弱そうだと感じられると容赦なく不採用となります。

 

 

美容クリニックの面接でストレス耐性を見られていることを教えてくれるコンサルタント女性

 

 

もちろん初めから全ての看護師がクレーム対応出来るわけではありません。
働いていく中で覚えていこうという意欲や、へこまない精神力が大切です。

 

 

「美容クリニック=クレーム対応が多い」というイメージを予め持っておくだけでも、
ギャップは少なくなると思うので、クレーム対応が多いことを知っておきましょう。

 

 

美容クリニックへ転職を考えている人にはこちらの記事もオススメです